浄水器の様々な形状の種類

浄水器には、形状によって差があります。


デザインや、サイズ感は、もちろん大切ですが、値段や、ランニングコスト、浄水する能力などについても、充分に考慮して選ぶことが必要になります。



蛇口直結型は、蛇口に設置する簡易的なタイプとなっていて、スーパーマーケットなどでも手に入れることができ、価格についても、数百円ぐらいからとなっていて手頃となっています。
しかしコンパクトな分だけ、ろ過する能力は低く、カートリッジを交換する必要がある頻度も多くなってきます。

据え置き型は、キッチンのシンクの脇に本体を置いて、蛇口をホースに連結して利用するタイプとなっていて、近頃の浄水器のタイプの中では最も一般的な浄水器となります。

値段は、およそ数万円から数十万円ぐらいと幅広くなっていて、豊富な種類が取り揃えられています。

本体を設置するためのスペースを確保する必要があります。
アンダーシンク型は、蛇口の部分ではなく、シンクの下にある水道管に取り付けるタイプとなっていて、水道水を、ろ過する能力も高く、シンクの周りがすっきりするというのがメリットになります。

設置するための工事をする必要があることも少なくなく、新築物件に入居するときや、キッチンをリフォームするときに取り付ける方も多いです。

最近話題の朝日新聞デジタル情報に関するかしこい運用法をチェックしてください。

ポット型は、水差しや、ポットのような形状をしているもので、蛇口に繋がずに水を汲んで使うことができるタイプとなっています。浄水することができる水の量が少ないのですが、持ち運ぶことができるメリットがあります。



top