浄水器のろ剤に使われている素材

浄水器を利用するメリットとして挙げられるのは、おいしい水を使うことができるということなのですが、近頃はデザイン性が高いものも登場していて、インテリアにような感覚で使っている方も少なくありません。

一口に浄水器といっても、近頃では色々な種類のものが用意されていて、どの種類のものを選べば良いのかが分からなくなってしまいます。
そのため、それぞれの種類にどんな特徴があるのかを前もって知っておく必要があります。


浄水器に欠かせないものが、不純物を除去するための、ろ材になります。



ろ材により寿命や、取り除くことができる物質が違ってくるため、どれを選べば良いのかを決める重要なポイントとなります。


そして、カートリッジは定期的に交換することが必要になります。


活性炭の、ろ材は表面にたくさんの穴が開いていて、その穴にカビ臭さの原因となる物質や有機物などといった不純物が吸着されます。そして残留している塩素を分解してくれます。
浄水器に使われる、ろ材としては比較的一般的な素材となっていて、ろ過膜と一緒に利用させることが多くなっています。

最近のYahoo!ニュースの情報サイトです。

中空糸膜という、ろ材は、およそ0.1ミクロンぐらいの穴が開いている糸を束ねて出来た膜で、一般的な細菌などを取り除いてくれます。セラミックは、ろ過膜と同様に細かい穴に吸着させて不純物を取り除きます。



薬品や、熱湯に強いメリットがありますが、表面積を広げることができないので目詰まりしやすいというデメリットもあります。

top